スポーツ整形外科について

スポーツ整形外科のイメージ写真

スポーツによるケガや病気は、一般整形外科における治療とは異なる部分があります。そのため、当クリニックでは一般外科とは別個にスポーツ整形外科を設けています。具体的には、野球やサッカー、ゴルフ、テニス、バレーボール、バスケットボール、ラグビー、陸上競技などで骨や関節、筋肉にケガを負ったときは、スポーツ整形外科にて対応いたします。学校の運動部や地域の運動クラブに所属している人だけでなく、運動会などに参加していて、たまたまケガを負ったというときなども、お気軽に当クリニックをご受診ください。

再発予防なども行います

スポーツ外傷・障害の治療においては、ケガからの早期回復を目指すことも大切ですが、それだけでなく、治療後に再びケガや障害が起こらないよう予防対策をとっていくことも重要になります。例えば、野球の投手が肘に障害を負った場合、スポーツ整形外科での治療によって痛みや腫れを抑えることはできます。しかし、投球フォームを見直したり、練習プログラムを改善しなければ、再び肘の痛みが起こりかねません。当クリニックでは、今後の予防に重点を置き、ケガや障害の重症度、年齢、性別、種目などの詳細な要素を十分に考慮し、治療に加えてケガなどの予防策もご提言していきます。

このような方はご相談ください

  • ボールなどが指に当たって突き指した
  • コンタクトスポーツで打撲を負った
  • 運動中に骨折した
  • 無理な力がかかって肩などを脱臼した
  • 足首などをひねって捻挫した
  • 靭帯を痛めた
  • アキレス腱などが断裂してしまった
  • 肉離れで痛みがある
  • 野球で肩を酷使し、思うようにボールを投げられない
  • テニスを続けていて肘に痛みが出た
  • 長距離走を続けていて膝が痛い
  • 運動する時間が長く、股関節などに痛みがある など

対象となる代表疾患名

主なスポーツ外傷

  • 突き指
  • 打撲
  • 骨折
  • 脱臼
  • 捻挫
  • 切り傷
  • 靭帯損傷
  • 腱断裂
  • 肉離れ など

主なスポーツ障害

  • 野球肩
  • 野球肘
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • ランナー膝
  • ジャンパー膝
  • アキレス腱炎
  • 疲労骨折 など