リハビリテーションについて

リハビリテーションのイメージ写真

リハビリテーションは、心身の機能や構造に障害が生じた患者様に対し、日常生活への影響を改善しようとする医学的な取り組みを意味しています。例えば寝たきり状態で何もしていない患者様の場合、骨や筋肉があっという間に衰えてしまいます。そのため、ケガそのものを治療するだけでなく、医師の判断によってなるべく早くリハビリテーションを開始することが大切になるのです。当クリニックでは、傷害を受けた体や運動機能を最大限まで回復すべく、個々の症例に応じてリハビリテーションを行います。

リハビリが必要になる方

  • 手や足を骨折した
  • 手術を行った
  • 体を動かすと背中や腰に痛みが走る
  • 膝が痛くて歩けない
  • 首が痛くて顔を動かせない
  • 年を取って筋力が衰えてきた
  • 転んで靱帯を損傷した
  • 運動していてケガをした など

主なリハビリ療法

  • 理学療法(運動療法、物理療法)
  • 作業療法

運動療法

予防や治療の目的で、腰痛体操、転倒予防など、筋力と柔軟性、バランス能力の改善を目的に行います。関節の可動域を拡げたり、筋肉の質を高めたりすることにより、慢性的な痛みの改善も期待できます。当クリニックでは、患者様の症状を見極めた上で、ご自宅でも行えるリハビリテーションについてもアドバイスいたします。

物理療法

物理療法は、文字通り物理的作用を加えることによるリハビリテーションです。マッサージや温熱療法、寒冷療法、電気療法などがあり、痛みや麻痺を軽くする効果が期待できます。当クリニックでは、物理療法を行うための医療機器を整備しておりますので、様々な症例に対応することができます。