ごあいさつ

院長 林 宏治

「大阪Footクリニック」のホームページをご覧いただきありがとうございます。
このたび、20年以上にわたり大阪市北区で地域の皆様の健康維持に貢献されてきた「ハタノクリニック」を2023年8月に継承させていただくこととなりました林 宏治と申します。
私は奈良県立医科大学を卒業後に同大学整形外科学教室に入局し、大学附属病院および関連病院で整形外科全般に対する臨床研修を積みました。大学院進学時に「足の外科」を専門として選考することとなり、大学院在学中は臨床研究だけでなく英国にて機能解剖学に関する基礎研究を行う機会を得ました。大学院卒業後は主に大手前病院にて「足の外科」領域の疾患および下肢関節疾患全般に対する手術療法中心の治療に携わって来ました。

足は体の中で唯一体重による負荷を直接受ける部位であるため様々なトラブルに見舞われます。一方、足のトラブルの原因は必ずしも足に起因するとは限らないため総合医としての判断が不可欠となります。私は足の外科医としての専門的判断だけでなく、足のトラブルの原因と成り得るリウマチ性疾患および脊椎脊髄病疾患に対する専門医としての判断を含めた診断を基にして、患者様お一人お一人に適した治療法を提案させていただきたいと考えております。

クリニック開院後も連携病院での手術療法を継続する予定ですが、これまでの病院勤務では十分に出来なかった保存療法に関してもリハビリテーション医としての経験を活かして注力していきたいと考えております。整形外科疾患全般(上肢、下肢、脊椎、リウマチ、スポーツ障害など)の患者様のお悩み解消に少しでも貢献できるよう尽力する所存ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

院長 林 宏治

略歴

1990年
大阪府立生野高等学校 卒業
1997年
奈良県立医科大学(医学部) 卒業
奈良県立医科大学整形外科学教室 入局
奈良県立医科大学附属病院 臨床研修医
1998年
奈良県立奈良病院 臨床研修医
1999年
阪奈中央病院 整形外科医員
2005年
英国留学(Musculoskeletal Biology and Sports Medicine Research, School of Biosciences, Cardiff University)
2006年
奈良県立医科大学大学院医学研究科博士課程 修了
岡波総合病院 整形外科医長
2007年
大手前病院 リハビリテーションセンター長
2012年
奈良県立医科大学臨床准教授
2017年
奈良県立医科大学臨床教授
2018年
大手前病院 足の外科センター長(兼任)

資格

  • 医学博士
  • 日本専門医機構認定 整形外科専門医
  • 日本足の外科学会認定足の外科認定医
  • 日本整形外科学会認定 スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定 運動器リハビリテーション医
  • 日本整形外科学会認定 リウマチ医
  • 日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医
  • 日本スポーツ協会公認スポーツドクター
  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床医

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本足の外科学会(評議員)
  • 日本スポーツ整形外科学会(代議員)
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 奈良スポーツ医学研究会(世話人)

授賞歴および社会活動

2013年
日韓トラベリングフェローシップ選出(日本足の外科学会)
第2回日本足の外科学会・学術奨励賞授賞
2000~2020年
奈良県サッカー協会スポーツ医学委員長
2020年~
北海道コンサドーレ札幌チームドクター
2023年~
奈良クラブマッチドクター